業務分野
業務分野
知的財産権グループ

   当事務所は、中国では、知的財産訴訟について、最も実力のある法律事務所の一つです。当事務所の知的財産権グループは、事務所を設立してから、著作権、商標、特許、不当競争、営業秘密などに関する訴訟案件を数多く取り扱ってきました。特に、知的財産権グループが代理した訴訟案件は、近年、毎年、一件または二件、中国最高法院又は各地方の「年度十大知的財産案件」として選ばれています。

   知的財産グループは、中華人民共和国国家知的財産権局により許可、指定された渉外代理資格をもつ特許代理機関として、国内及び渉外知的財産権業務を行っており、コンピュータ、通信、半導体、機械、化学、バイオなどの専門の弁理士が24人おります。知的財産グループの弁理士は、国内外の特許出願を数千件、特許の無効審判、商標の異議、取消及び知名商標の認定、特許権又は商標権の侵害訴訟案件などを数百件代理した経験を有しております。また、長年、日系企業の案件を担当してきた弁護士、弁理士は、日本語で知的財産権の権利化から権利行使まで質のよいサービスを提供することができ、複数の日本企業に品質一と評価されたことがあります。

   さらに、当事務所は2009年および2010年にそれぞれ、ALBの「中国法律事務所・知的財産権大賞」を受賞しました。

知的財産権グループ業務範囲:

登録 | インターネット勤務 | サイトポリシー | 二十週年記念
版権所有 ©1992-2011 隆安律师事务所 提案するマイクロソフトIE8.0及び以上のバージョンブラウザ当サイト